お知らせ一覧

財務省関税局からのお知らせ】税関検査場電子申告ゲートの導入

[大使館からのお知らせ] 投稿日時:2020/07/24(金) 20:59

●成田空港、羽田空港、関西空港、中部空港、福岡空港及び新千歳空港を利用して帰国する場合、IC旅券所持者は、税関手続の際に電子申告ゲートがご利用いただけます。利用に際しては、あらかじめ税関申告アプリをダウンロードしてください。

 今般、財務省関税局から、観光立国の実現に向けた政府の取組の一環として、日本に入国する方の税関手続の円滑化を図るために、国内6空港(成田国際空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港、福岡空港及び新千歳空港)において税関検査場電子申告ゲートを導入したとの発表がありました。本ゲートの利用対象は、IC旅券所持者に限られますが、人・人接触を軽減するものであり、ICAO(国際民間航空機関)及びIATA(国際航空運送協会)も、新型コロナウイルス感染症対策の一つとして電子申告を推奨しています。
 詳細は以下のウィブサイトをご確認の上、
https://www.customs.go.jp/kaigairyoko/egate.htm
各スマートフォンやタブレットに税関申告アプリをダウンロードしてご利用ください。
・App Storeの場合
https://apps.apple.com/jp/app/id1454991621
・Google Playの場合
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.go.customs.EGateMobile

○送信元
在スリランカ日本国大使館
電話:(国番号94)11-269-3831

新型コロナウイルス感染症(最近の感染者数増加に伴う注意喚起)

[大使館からのお知らせ] 投稿日時:2020/07/17(金) 20:57

●ポロンナルワ県の薬物依存症治療センターでの集団感染が発生し、それに起因する感染者増加が続いています。
●新型コロナウイルスから身を守るためには、感染防止の正しい知識とその意識を高く持つ日々の心がけが大切です。手洗い・手指の消毒、マスクの着用、フィジカル・ディスタンシング(物理的距離)の確保などの感染症対策に努めてください。
●蚊を媒介とする感染症(デング熱など)の発生が増えていますので、蚊にさされない対策にも努めてください

1 先週後半から、北中部州ポロンナルワ県カンダカドゥ(Kandakadu)の薬物依存症治療センターにおいて新型コロナウィルスの集団感染が発生し、その後もそれに起因すると思われる感染者数の増加が続いています(16日午後8時時点で国内感染者数は2687名(うち2007名治癒))。引き続き当局が発表する感染状況などの最新情報に注意してください。
○感染状況などに関するスリランカ保健省の日報
http://www.epid.gov.lk/web/index.php?option=com_content&view=article&id=225&lang=en

2 当地報道やSNSなどでは、感染者数が増加し、また、感染経路が広域に広がっていることについて様々な情報・噂が流れています。一方、スリランカ政府は、感染経路は特定され、状況はコントロール下にある旨表明し、パニックにならないように呼びかけています。いずれにしましても、新型コロナウイルスから身を守るためには、感染防止の正しい知識とその意識を高く持つ日々の心がけが大切です。当地の在留邦人の皆様及び当地を訪問中の邦人の皆様におかれましては、改めて定期的に手洗い・手指の消毒を行うとともに、外出時にはマスクを着用し(特に人と対面で接する場合)、フィジカル・ディスタンシング(物理的距離)を保つなど、メリハリをつけつつ、感染症対策に努めてください。

3 また、蚊を媒介とする感染症(デング熱、チクングニア熱、ジカ熱、日本脳炎など)の発生が増えています。新型コロナウィルスの感染防止に加え、外出時に肌の露出を減らしたり、昆虫忌避剤の使用、電気やスプレー式の室内蚊取り器の使用など、蚊にさされない対策にも努めてください。

【参考】過去の当館からの領事メールや新型コロナウイルス感染症関連情報を確認する場合は、以下のウィブサイトからご利用いただけます。
https://www.lk.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000915.html

○問い合わせ先
在スリランカ日本国大使館
電話:(国番号94)11-269-3831