お知らせ一覧

<<前へ

【広域情報】薬剤耐性(AMR)について

[大使館からのお知らせ] 投稿日時:2018/07/12(木) 14:47

●薬剤耐性(AMR)とは,抗菌薬(抗生物質,抗生剤)が効きにくくなる,または効かなくなることです。耐性菌が世界中で増え,一部の感染症では従来の薬では治らない,治りにくい場合が生じています。
●薬剤耐性(AMR)の拡大を防ぐために,抗菌薬を服用する際は,医師や薬剤師の指示を守って,必要な場合に,必要な量を適切な期間,服用してください。

詳細は以下のリンク先をご確認ください。
(PC)==> https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2018C105.html

出発前には海外安全ホームページをチェック!
https://www.anzen.mofa.go.jp/


 

安全対策情報(豪雨被害にかかる注意喚起)

[大使館からのお知らせ] 投稿日時:2018/05/22(火) 19:47

季節風(モンスーン)が発達しています。土砂崩れや豪雨に十分注意してください。

スリランカにお住まいの皆様並びに旅行者の皆様へ
2018年5月22日
在スリランカ日本国大使館

1.スリランカ災害管理センターの発表によれば,5月20日に発生した南西モンスーンの降雨により,西部州,南部州,サバラガムワ州,中部州,北西部州で22日8時現在,8名の死亡(雷雨・倒木・洪水・地滑り・強風)を含む多数の被災者が発生しています。

2.また,ラトナプラ県,ケーガッラ県,ヌワラエリア県,カルタラ県,ゴール県に対して,今後も降雨が続けば,土砂崩れ,崖崩れ等が発生する危険があると避難を呼びかけています。

3.つきましては,スリランカにお住まいの皆様並びに旅行者の皆様におかれましては,下記の諸点に留意し,十分な安全対策を講じてください。
(1)報道機関及びスリランカ政府関係機関から,最新の情報を収集する。
(2)停電に備え,懐中電灯,ライター,ろうそく,携帯ラジオ,予備電池等を準備する。
(3)突風で飛ばされそうなものは固定するか室内に移動する。
(4)あらかじめ避難場所や避難経路を確認しておく。
(5)家族等との間で緊急連絡方法や避難場所の確認をしておく。
(6)スリランカ政府当局より避難指示があった場合は,当局の指示に従う。

4 なお,万一災害に巻き込まれた場合は,スリランカ政府機関の指示に従って安全確保に努めるとともに,当大使館及び日本の緊急連絡先(留守家族等)へ連絡してください。
また,何らかの邦人被害情報に接した場合は,当大使館までご連絡ください。

(参考)
○スリランカ気象庁
http://www.meteo.gov.lk/index.php?lang=en
○スリランカ災害管理センター
http://www.dmc.gov.lk/index_english.htm
○在スリランカ日本国大使館
電話:011-2693831
http://www.lk.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000089.html
 

【広域情報】ラマダン月のテロについての注意喚起

[大使館からのお知らせ] 投稿日時:2018/05/08(火) 14:05

●5月15日(火)頃から6月17日(日)頃は,イスラム教のラマダン月及びラマダン明けの祭り(イード)に当たります。
●近年,ラマダン月及びその前後に世界中で多くのテロ事件が発生しています。
●最新情報の入手に努め,テロの標的となりやすい場所を訪れる際には,安全確保に十分注意を払ってください。情報収集には「たびレジ」を活用してください。

詳細は以下のリンク先をご確認ください。
(PC)==> https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2018C069.html

出発前には海外安全ホームページをチェック!
https://www.anzen.mofa.go.jp/

このメールは「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。
※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を変更・停止したい方は、以下のURLから手続きをお願いいたします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください

〔お問合わせ先〕
外務省領事サービスセンター(海外安全相談班)
〒100 - 8919
東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:03-3580-3311 内線 2902

 

お知らせ(在留邦人子女に対するいじめ相談窓口について)

[大使館からのお知らせ] 投稿日時:2018/05/01(火) 20:09

お知らせ(在留邦人子女に対するいじめ相談窓口について)

今般,海外子女教育振興財団に「在留邦人子女に対するいじめ相談窓口」が設置されましたので,お知らせ致します。

日本国内においては、平成25年にいじめ防止対策推進法が施行されたことに伴い、各学校に対して,いじめ防止に関する措置等を求めております。
これを受けて、海外に在留する邦人の子女への教育振興を目的とする公益財団法人海外子女教育財団においては、従来から海外子女教育専門の教育相談員による教育相談を実施しておりましたが、今般いじめ相談についても対応することとなりましたのでお知らせ致します。
ご不明な点などございましたら、電話あるいはEメールにて,以下にお問い合わせください。

<いじめ相談窓口>
公益財団法人 海外子女教育振興財団  事業部 教育相談事業チーム 
 TEL    : +81-3-4330-1352  
 受付時間   : 月~金曜 10時~16時(日本時間)
 メールアドレス: sodanjigyo@joes.or.jp
 受付時間   : 随時

公益財団法人 海外子女教育財団とは
海外に勤務する邦人の子女および海外勤務を終了し本邦に帰国した邦人の子女の教育の振興を図るため、必要な教育・研修、支援、助言・情報提供・調査等に関する事業を行い、海外勤務生活の安定に寄与し、日本の海外における発展と国際交流の推進に資することを目的として昭和46年に設立されました。()
 

【広域情報】国際的詐欺事件に対する注意喚起

[大使館からのお知らせ] 投稿日時:2018/04/27(金) 13:24

【広域情報】国際的詐欺事件に対する注意喚起

【ポイント】
●国際的詐欺メールの手口は,通称「419事件(ナイジェリアの刑法第419号に抵触する詐欺犯罪)」とも呼ばれ,遺産相続を名目としたもの,宝くじの当選を装うもの,マネーロンダリングや投資の協力を持ちかけるもの,最近ではラインやツイッターなどを通じた結婚詐欺など,多種多様な手口があります。

詳細は以下のリンク先をご確認ください。
(PC)==> https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2018C065.html

出発前には海外安全ホームページをチェック!
https://www.anzen.mofa.go.jp/

このメールは「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。
※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を変更・停止したい方は、以下のURLから手続きをお願いいたします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください

〔お問合わせ先〕
外務省領事サービスセンター(海外安全相談班)
〒100 - 8919
東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:03-3580-3311 内線 2902

 
«前へ

<< 2018年7月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31