お知らせ一覧

<<前へ

【注意喚起】 非常事態宣言の延長

[大使館からのお知らせ] 投稿日時:2019/06/24(月) 18:42

●本22日,官報通知により非常事態宣言が延長。

1 本22日,官報通知により非常事態宣言が延長されました(今後当地国会での承認を得ることにより1か月間有効となります)。既にご案内のとおり,これによる日常生活への大きな影響はない見込みですが,公権力による逮捕状なしの逮捕・拘留が可能になるなど行動が制限される可能性がありますので,ご注意ください。
 
2 当地治安当局による捜査などにより,治安情勢は回復傾向にありますが,万一に備え,日頃からニュースなどでスリランカ側の発表に注意するとともに,関連情報の収集に努めるよう心がけてください。
 

在スリランカ日本国大使館
電話:(国番号94)11-269-3831
メール:ryoujivisa@co.mofa.go.jp
 

【注意喚起】非常事態宣言が延長

[大使館からのお知らせ] 投稿日時:2019/05/24(金) 15:33

本22日,大統領布告により非常事態宣言が延長。引き続き,慎重な行動を心がけてください。

1 本22日大統領布告により非常事態宣言が延長されました(今後当地国会での承認を得ることにより1か月間有効となります)。既にご案内のとおり,これによる日常生活への大きな影響はない見込みですが,公権力による逮捕状なしの逮捕・拘留が可能になるなど行動が制限される可能性がありますので,ご注意ください。

2 また,現在は,ラマダン期間中でもあり,宗教意識の高まりから突発的な衝突が各地で発生する可能性も否定できません。万一,暴動が起きている現場に遭遇したり,不審なバンやトラック, バイクなどを見かけた場合は,速やかにその場から離れるようにしてください。

3 当地にいらっしゃる邦人の皆様におかれましては,ニュースなどでスリランカ側の発表に注意するとともに,関連情報の収集に努め,引き続き慎重に行動してください。


在スリランカ日本国大使館
電話:(国番号94)11-269-3831
メール:ryoujivisa@co.mofa.go.jp
 

【広域情報】海外における麻しん(はしか)・風しんに関する注意喚起(その2)

[日本人会からのお知らせ] 投稿日時:2019/05/09(木) 14:03

●世界各地で,麻しん・風しんの感染例が多く報告されています。
●海外では麻しん・風しんに感染するリスクがあることを認識し,麻しん・風しんの予防接種を2回受けていない方は,受けることを検討してください。
●国内では,輸入例を発端とした集団感染も発生しています。

詳細は以下のリンク先をご確認ください。
(PC)==> https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2019C058.html

出発前には海外安全ホームページをチェック!
https://www.anzen.mofa.go.jp/

このメールは在留届を提出した方と「たびレジ」に登録した方に、配信しています。

※「たびレジ」に簡易登録した方でメールの受け取りを希望しない方は、以下のURLから変更・停止の手続きをしてください。
(変更)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth
(停止)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

※「在留届」を提出した方で帰国、移転した方は、以下のURLで帰国又は転出届を提出してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/residencereport/login

このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください

〔お問合わせ先〕
外務省領事サービスセンター(海外安全相談班)
〒100 - 8919
東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:03-3580-3311 内線 2902

 

【注意喚起】まもなくラマダン期間に入ります。十分にご注意ください。

[大使館からのお知らせ] 投稿日時:2019/05/06(月) 12:38

ラマダン月及びラマダン明けの祭り(イード)の時期(5月6日(月)頃から6月7日(金)頃)とその前後は世界的にテロが多発。特に注意してください。

非常事態宣言は引き続き発令中。宗教関係施設,病院,ショッピングモール,大型のスーパーマーケット,政府関連施設・各国大使館等,人が多く集まる場所には近づかないでください。

1 先月21日の連続爆破事件発生以降,スリランカ全土で捜査が行われ,当地の教会や学校等を中心に警備体制が強化されています。ソーシャルメディアの規制解除などの動きはありますが,非常事態宣言は発令されたままです。

2 更に,5月6日(月)頃から6月7日(金)頃は,イスラム教のラマダン月及びラマダン明けの祭り(イード)に当たります。近年,ラマダン月及びその前後に世界中で多くのテロ事件が発生しています。

3 このような情勢を踏まえ,当地にいらっしゃる邦人の皆様におかれましては,今週末を含め,引き続き慎重に行動してください。なお,やむを得ず外出される際には,必ず身分証明書等を携行し,人が多く集まる場所には近づかないようにしてください。また,万一,不審なバンやトラック, バイクなどを見かけた場合は,速やかにその場から離れるようにしてください。

特に注意が必要な場所(人が多く集まる場所・施設)
教会・仏教寺院・モスク等宗教関係施設,病院,ショッピングモール,大型のスーパーマーケット,ホテル,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設等)・各国大使館施設,公共交通機関,観光施設,観光施設周辺の道路・鉄道駅,スポーツの競技場,コンサートや記念日・祝祭日等のイベント,レストラン(特に外国人が多く集まるところ),ナイトクラブ,映画館等。

4 引き続きスリランカ側の発表に注意するとともに,ニュース等で関連情報の収集に努めてください。

【注意】スリランカの危険情報のレベル2(不要不急の渡航は止めてください)への引き上げ(4月26日付)
日本などからスリランカ訪問を予定されている方がおりましたら,以下のURLをご参照の上,周知いただければ幸いです。
外務省海外安全ホームページ
(PC)==> https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2019T040.html
(携帯)==> http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbhazardinfo_2019T040.html

在スリランカ日本国大使館
電話:(国番号94)11-269-3831
メール:ryoujivisa@co.mofa.go.jp 
 

【注意喚起】東部州の外出禁止令

[大使館からのお知らせ] 投稿日時:2019/05/01(水) 13:49

東部州アンパーラ(Ampara)県のカルムナイ(Kalmunai),チャワラカデ(Chawalakade),サンマントゥライ(Sammanthurai)を対象に本5月1日21時から明2日5時まで外出禁止令が発出されました。

非常事態宣言は引き続き発令中。引き続き慎重に行動してください。

1 本5月1日21時から明2日5時まで,東部州アンパーラ(Ampara)県のカルムナイ(Kalmunai),チャワラカデ(Chawalakade),サンマントゥライ(Sammanthurai)を対象に再度外出禁止令が発出されました。
 
2 それ以外の地域については,外出禁止令は発出されておりませんが,非常事態宣言は発令されたままです。
 
3 当地にいらっしゃる邦人の皆様におかれましては,引き続き慎重に行動してください。また,スリランカ側の発表に注意するとともに,ニュース等で関連情報の収集に努めてください。

【注意】スリランカの危険情報のレベル2(不要不急の渡航は止めてください)への引き上げ(4月26日付)
日本などからスリランカ訪問を予定されている方がおりましたら,以下のURLをご参照の上,周知いただければ幸いです。
外務省海外安全ホームページ
(PC)==> https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2019T040.html
(携帯)==> http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbhazardinfo_2019T040.html

在スリランカ日本国大使館
電話:(国番号94)11-269-3831
メール:ryoujivisa@co.mofa.go.jp
«前へ

<< 2019年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30