日本人会・大使館からのお知らせ

病床確保事業ご案内 [日本人会からのお知らせ]

投稿日時:2021/05/19(水) 12:27

2021年5月19日
スリランカ在留邦人の皆様
 
新型コロナ病床確保事業 稼働開始のご案内
 
 
新型コロナ病床確保事業
運営委員会  委員長  松井 晶


今般、スリランカ在留邦人向けに新型コロナ罹患時の入院病床確保事業を立ち上げましたのでご案内致します。本事業は、日本政府(外務省)による「海外在留邦人・日系人の生活・ビジネス基盤強化事業」に在スリランカ商工会・日本人会が共同にて申請し採択を得たもので、在留邦人の方が新型コロナに罹患する場合において適切な入院先が満床等により見つけられない場合でも、邦人用に予備の病床を確保するということを目的としています。

事業概要は以下の通りです:

提携医療機関            :NAWALOKA HOSPITAL PLC.

確保病床先               :Mount Lavinia Hotel(ナワロカ病院管下 Intermediate Care Center(ICC))

確保病床の期間・数  : ① 2021年5月19日~9月18日(計3床)
                              ② 2021年9月19日~11月30日(計2床)(予定)

注記事項: 
  • 本事業の目的は、スリランカ在留邦人が新型コロナに罹患した際に、ICC病床にもし空きが見つけられ無い場合でも利用する事が出来る様、在留邦人向けの「予備」の病床を確保するものです。従い万が一の罹患事には、先ずは正規一般の窓口にてICC入院先を探して頂き、その上で病床に空きが無い場合において、本事業の病床を斡旋させて頂くという運びになります。
  • 実際に本事業のICC病床をご利用の場合には、病床代(日額×利用日数)ならびにナワロカ病院より提供される医療サービス料は別途ご請求(精算)をさせて頂きます。

 * 新型コロナ罹患時のご連絡・ご相談窓口:在スリランカ日本国大使館 領事班
    Tel:011-269-3831/011-269-3832/011-269-3833 Email:ryoujivisa@co.mofa.go.jp
    コロナ罹患が分かりました場合には、先ずは大使館・領事班へのご連絡をお願い致します。

*本件病床確保事業に関するご照会・相談窓口: コロンボドックヤード 
  ・堀部 篤志(ほりべ あつし)tel 076-236-3768 Email horibe@cdl.lk
  ・浅井 聡(あさい さとし)  tel 076-871-9541 Email asai@cdl.lk
 
以 上
 


 
 

最新記事